暗号資産の基礎

暗号通貨の基礎知識

仮想通貨を購入する場合

日本円

国内仮想通貨取引所

Houbi Japan、等

(日本円で仮想通貨と換金できる。ただし、種類が少ない、手数料が、高い)

海外仮想通貨取引所

MEXCなどで色々な通貨と交換できます。


逆に仮想通貨を日本円に換金する場合は

 

海外仮想通貨取引所

(ビットコイン等国内仮想通貨取引所で取り扱っている通貨に換金して送金)

国内仮想通貨取引所

(日本円に換金)

銀行


 

 

 

(日本円に対応していない、種類が多い、手数料が安い)

日本円ビットコインに換金の為、日本国内仮想通貨取引所の開設をしましょう。ビットフライヤーは手数料がめちゃくちゃ高いことがわかりました。

Houbi Japan

の口座を作成をお薦めします。

 

送金する際は住信SBIネット銀行が便利です、手数料も安いです。

ビットコイン海外仮想通貨取引所に送金し、USDTTRON等、日本の取引所では交換できない通貨がたくさんあります。

海外仮想通貨取引所

 

google2段階認証アプリ

 

APP

 

Android

 

 

 


USDT(ERC20)の場合は通信費としてETHが必要になります。

※2021年現在はETHが高騰した為、ERC20はネットワーク料金が25ドル程度かかります。

USDT(TRC20)の場合は通信費としてTRONが必要になります。

なので最初に10ドル(USDT)ほど通信費としてETHTRONを海外仮想通貨取引所で交換しトラストウォレットに送信するのが良いです。

仮想通貨初心者の方へ、送金の手順を解説します。

送金の仕方

今回はビットフライヤーからバイナンスへビットコインを送金する場合を例に説明します。

バイナンスのトップページからウォレットをタップし、

今回送金したい通貨を選択

今回はビットコインを例に説明します。

入金を選択します。

 

送金ネットワークを選択
*ここを間違えると資産を失う可能性があるので気をつけましょう

 

アドレスをコピーします

*銀行振込で使う〇〇銀行〇〇支店、口座番号と一緒ですね。

 

それから、送金元のビットフライヤーのアプリを開きます。

入出金項目から通貨を選びます、今回はビットコインですね。

出金をタップします

 

送金先のアドレスの設定をします

 

この画面になるとビットフライヤーに登録されたメールアドレスにメールがとどいてます。

 

 

URLをタップしアドレスを設定します。

レスを貼り付けて設定します。

アドレスは先程、バイナンスでコピーしたアドレスですね。

ラベルは任意です、「バイナンスビットコイン」などで良いですね。

 

ビットフライヤーからビットコインを送金する際は定額で0.0004BTC(約2700円)かかるので一度にたくさん送金する事をお勧めします。

*2021年現在の価格

 

 

ディスカッションに参加

6件のコメント

メールアドレスが公開されることはありません。